社長あいさつ

代表取締役
代表取締役:沢村直幸

1925年創業の我社はおかげさまでまもなく90周年を迎えます。

長い長い業歴の中、造船業を始め各種プラント、発電所など
幅広い産業に納入して参りました。

様々な用途に合わせた様々なバルブを製作するなかで
“作ってみよう”を掛け声に創意工夫で開発・改良を重ね
個性ある製品づくりに取り組んで参りました。

一方、長い長い業歴の中、私達には “日本の品質管理”の考え方が
あたかも日々の入浴習慣のように染付いています。

近年マーケットの国際化に伴い仕入・販売を東アジアに拡大する一方、
海外業務に於いても“個性ある製品づくり”と“日本の品質管理”を以て
“世界中のお客様に喜んで頂ける製品を提供する”ことを目標に歩んで参ります。



会社概要

沢村バルブ株式会社
会社名 沢村バルブ株式会社
本社 〒522-0223 滋賀県彦根市川瀬馬場町1262-2
TEL 0749-25-1101 / FAX 0749-25-2964
e-mail s-info@sawamura-valve.co.jp
創業 大正14年5月
設立年月日 昭和18年5月10日
資本金 1000万円
代表取締役社長 沢村 直幸
取引銀行 滋賀銀行彦根支店

沿革

大正14 年 5 月 創業者澤村由太郎が澤村鉄工所を創設、バルブ、コックの製造販売を開始する。
昭和18 年 5 月 澤村バルブ工業株式会社を設立、鋳鉄、砲金鋳造工場を建設し一貫作業を開始する。
昭和28 年12 月 運輸省より船用鋳鉄弁、青銅弁に付き日本工業規格表示を許可される。
昭和29 年 3 月 通商産業省より陸用鋳鉄弁、青銅弁に付き日本工業規格表示を許可される。
昭和44 年 10 月 彦根市川瀬馬場町に敷地10,946㎡、建坪3,500㎡の新工場へ移転する。
昭和50 年 5 月 創業50周年
平成 2 年 8 月 NC旋盤・マシニングセンターを導入し、船用弁の自動化生産を開始する。
平成 7 年 8 月 ダクタイル製20K弁、ステンレス鋼弁の製造を開始する。
平成14 年 9 月 鋳鉄製コックの製造を開始する。
平成16 年 8 月 中国から材料購入を開始する。
平成20 年 4 月 鋳鋼弁の製造を開始する。
平成23 年 11 月 艤装品の製造を開始する。
平成25 年 4 月 社名を沢村バルブ株式会社へ変更する。