スイングチェック弁

鋳鉄、ダクタイルスイングチェック弁

構造

弁体がブランコのように揺動することによって開閉します。お椀状の弁体が上流からの流体の圧力によって押し上げられた時は弁が開き、下流側から逆流した時はお椀がシート面に押しつけられた流体を止めます。

特徴

  • 流路は一直線で全開時弁体はほぼ流路の外側に出るため圧力損失が小さく流量確保目的のフルボア仕様に適しています。 
  • 垂直に配管した場合、弁体が起立し重力の影響を受けにくくなり閉止動作に不具合が出る可能性があるため基本的に水平配管にしか使用出来ません。
ボディ  
要部 40A~800A
鋳鉄タグタイル弁にもどる